医療法人梨香会 秋元病院

スペシャル対談

対談のお相手

精神科医長(副院長) 林 博俊先生

―まず、秋元病院の基本方針をお聞かせください。
「秋元病院のテーマは『チーム医療』と『地域貢献』です。ここは、精神科が基本ではありますが、他に内科や整形外科などの一般科外来も備えた総合病院です。精神疾患だけではなく身体合併症も考えて身体疾患の治療も独立してやっているので、精神科に限らず内科も全般に診られます。また一般科には各種の健診や検査などにも対応しており、地域の皆様の健康維持に尽力しています。」今後は『疾病予防』も我々にとって大事なテーマです。

―それでは、精神科の特徴についてお聞かせいただけますか?
「精神科領域の治療は全般に行なっています。中でもアルコール依存症の治療は専門のプログラムと病棟を持ち、開設当初から力を注いでいます。入院形態はできるだけ開放病棟の形をとっていて、患者に対しては院内で自助グループ活動を行うなど、退院後の社会復帰に関しても指導しサポートする体制を作っています。入院中よりも退院後のフォローをしっかりとやっていかないといけない、と考えますので、このような活動を行っているのです。」

―精神科ではどの範囲の症状まで対応していますか?
「精神科に関しては、ケースバイケースだが基本的に大体の症状は受け入れます。ただ、対応プログラムのない薬物濫用者は受け入れづらいです。黙って抜け出して薬物を使ってしまったり警察に見つかったりなど様々な問題を起こしてしまうためです。しかし、本人の治療の意思しだいでは受け入れています。また薬物以外にも問題の多い場合も受け入れがたいです。人格障害に関しては、急性期は受け入れて対応するものの(受け入れがたい場合は)人格障害を専門に扱っているところへ依頼しています。」

―救急外来があると聞きましたが、精神科にも救急外来はありますか?
「精神症状の急激な変化などは対応します。ただ、精神症状が急性期にあって、かつ身体症状もある、というのは対応しきれないのが現状です。多量服薬など、命に関わるようなことはここでやれることは限界がありますので、救急隊に状態を聞いてすぐ近くの救急病院へ取り次ぐという形をとり、その後意識回復することがあればこちらで診るようにしています。患者さんにとってはそれがベターと考えていますから。当院は、ある程度精神症状が慢性期になっている場合に、十分機能を発揮できる病院と言えます。」

―ここは内科や整形外科もある充実した精神病院ということですが、各科での連携はあるのですか?
「それが当院の特長のひとつです。精神疾患があって服薬中の方、あるいはこれから服薬しなければならない方は、外来でも入院でも、最初から内科と精神科と一緒に診ています。精神科で入院される方にも内科的検査をして症状を把握し、症状に応じて各科の医師が駆けつけます。急変時は診療科の垣根を越えて治療を行います。合併症などを含めても、設備や連携の面でかなり充実していると自負しています。」

―患者への治療に際して、重要なことは何でしょうか?
「やはり家庭などの協力が大切ですね。精神科への通院以前に、家庭などの問題の根が深いものもあります。だから、患者本人だけでなく家庭・会社にも協力を求めて、治療に参加してもらっています。しかし一般の方の偏見はやはりまだずいぶんあり、そのために十分な治療が受けられず、場合によっては亡くなる方もいらっしゃいます。偏見を持たずに相談・来院してほしいですね。」

―最後に、どのような医師に来ていただきたいかお聞かせいただけますか?
「まず、常勤の方にできれば来ていただきたい。週2~3回くらい非常勤の先生が来るというのが日本の大半の精神科の現状ですが、それで十分に疾患が診られるかどうかは疑問が残ります。常勤のちゃんとした先生がいて、診られる体制が重要だと思います。また、常勤希望の方には、『心』と『身体』の医者という理念を持ってきてほしいですね。また、ドクター間に特に偏見が残っているという問題があります。今は『メンタルヘルス』が重要視され、外国からのそういう流れなどには日本は敏感ですぐ取り組んでいるものの、表面的になり内容を伴っていないのが残念です。もっと一般の先生に、実際の精神科について理解してほしいですね。当院は普通に入れるので、もっと自由に見学に来ていただいて、やってみようと思ったら入ってもらう、というので構いません。ぜひ一度実際に来院して見ていただきたいですね。」


対談を終えて

秋元病院の院長・秋元豊先生はまさに信念の人である。
地元の大学との関係にも耐えながら、今日のグループを築きあげた人である。
病院を回ってみて気がつくことは、職員みんなが大変積極的でやる気充分であることである。
いわゆる精神病院のイメージを払拭するために、日夜努力しているようだ。院長のポリシーが隅々まで行き渡っている。

アルコール中毒の患者がメインではあるが、家族病棟を作るなど、入院中よりも退院後のフォローに着眼している点が興味深い。
これからの医療は、情報開示が求められる中で社会性が問われてくるはずである。
そういう意味で、精神科を専門として将来社会還元を目指している若手の医師には、こういうところで修行してほしいものである。

医師・ジャーナリスト 富家 孝(ふけ たかし)


当院について

名称 医療法人梨香会 秋元病院
院長 秋元 豊
外来受付 診療時間
月曜日~土曜日
午前 9時~12時/午後 13時~17時
(日曜・祝日は休診、急患は随時受付)
許可病床数 精神科286床/内科70床
TEL 047-446-8100(代)
HP http://www.akimoto-hospital.com
診療科目 精神神経科
アルコール依存症、総合失調症、そううつ病、認知症、児童思春期、摂食障害、解離性障害、パニック障害、注意欠陥多動性障害 等

心療内科
不眠・ストレス、それらによる体調不良 等

内科
高血圧、糖尿病、胃潰瘍、肝硬変、生活習慣病、健康診断 等

整形外科
上肢の外科 等

リハビリ科
整形外科疾患、精神疾患、パーキンソン病、脳血管障害 等による身体運動機能の低下

放射線科
CT・MRIによる頭部、胸部、腹部、脊椎等の撮影検査 等

皮膚科
白癬金(水虫)、にきび、肌荒れ等の一般的な疾患、じょくそう、糖尿病などの内臓疾患による皮膚科疾患 等

歯科
一般歯科、小児歯科、予防指導、歯周病疾患の処置、口腔外科、知覚過敏、ホワイトニング 等






医療法人梨香会
・秋元病院
・秋元クリニック(東船橋)
・北松戸メディカルクリニック
・鎌ヶ谷訪問看護/介護ステーション
・北松戸訪問看護/介護ステーション
・居宅介護支援事務所(鎌ヶ谷・北松戸)