TOKYO FM TIME LINE

2011年11月22日
TOKYO FM TIME LINE 18:45-19:45
に富家孝がコメンテーターとして出演

▼TPP参加で患者はどうなる?「国民皆保険」

 政府はTPPの交渉参加に際して、「混合診療」の全面解禁について、議論の対象とすることとした。
「混合診療」とは、保険診療と保険外診療の併用を認める制度。
病院が新しい治療法を導入することで医療サービスの向上と、保険制度の財政状況改善にもつながるといわれているが、患者の待遇はどうなるのだろう。

 医療の現場では「自由化」の名の下に、国民皆保険制度が崩れるという声もあり、日本医師会は混合診療に反対。
その理由に、医療機会の公平性の確保を挙げる。
混合診療を解禁すると、医療機会の公平性の確保は困難なのか?

 医療ジャーナリストの富家孝氏は、「日本医師会の本音は、国民皆保険制度のもとで得られる安定収入が揺らぐことを防ぎたいというところにある」と指摘する。

 「混合診療」など分かりにくい問題を解説するとともに、患者の立場に立って、解禁に反対する日本医師会の本音をあぶりだす。

 出演:岸博幸